イメージ 1

手が離せない時のミルク

いつだか教育再生会議で、母乳は赤ちゃんの目を見ながら・・。というのがあったけど母乳をあげているとき赤ちゃんの顔ってみえないよね。

退院時完全母乳だったけど、すぐミルクとの混合に切り替え。
理由はひとつ 母乳のみは絶対無理だから
・出かけることが多く、あげる場所が無い
・退院して誰も手伝いに来てくれるわけでないので、家事をこなさなければいけない。パパが結構手伝ってくれたけど、仕事しているわけだし限界がある。
・腱鞘炎になる ミルクで抱っこしていてもなるけど、赤ちゃん抱っこはかなりつらい・仕事復帰 一定時間で母乳が出ても出す場所もない

そんなわがまま事情から、出る母乳もだんだん削ってきて、いまは0に。

ミルクでも、ご飯を作っている時間に差し掛かったりするとどうしてもの時、うら技やってしまう。
ベビーラックに座らせて、バスタオルでミルクを固定。
知人は寝かせた状態でバスタオルで固定してミルクをあげることも。

はたからみたらかわいそうだが、幼稚園の送り出す時間などにほっとかれ大泣き状態になるよりはいいと思う。わたしは今抱っこ腱鞘炎気味で左腕ががくがくするので、ラックにのせて手であげている。ちょっとした利点は抱っこでミルクあげると親子暑くて汗だくだけど、この場合、汗をあまりかかない。

終わったらちゃんとゲップさせて・・。


このラックは兄の真ちゃんも使用していた。ピジョンライトシート。3000円位で、替えカバーも購入。1年位で使えなくなるけど、色々な部屋に運べるし、かなり重宝しました。小さく箱に入るので閉まって、今回復活させたのです。

追伸 この方法でミルクあげるときは必ず近くにいてあげてくださいね!